薄毛治療薬をネットで買うリスク

パズルとリスクの文字

手軽に安価でAGA治療ができるネット通販。低価格の分、ネット通販ならではのリスクもあります。
偽造薬を購入してしまったり、ひどい副作用などの健康被害に遭う可能性も…。
健康を保ちながらAGA治療をするために、起こりうるリスクを知り対策をしましょう!

偽造薬に出合うリスク

プロペシア・ジェネリックであるフィンペシアや飲むミノキシジルは、国内では未承認で出回っていません。
安価なAGAのジェネリック医薬品を、海外から購入することができますが、実際に偽造薬も多く出回っています。

【偽造薬とは】
・有効成分が含まれていない
・過剰な量の有効成分
・衛生環境が整っていない場所での製造

偽造薬を飲んで体調に異常が出てしまった場合、適切な対処法が分かりません。本物のパッケージや薬の写真をしっかり確認してから服用しましょう。大手サイトから購入することで偽造薬のリスクは軽減されます。

重篤な副作用が出たとしても自己責任

ネット通販で買った薬を服用してひどい副作用が出たとしても、すべて自己責任です。

特に海外メーカーによって作られた薬は、注意事項や成分が英語で表記されています。記載情報をしっかり理解せずに服用すると、副作用のリスクも高まるのです。
成分が身体に合わなかったりアレルギー反応が出てしまえば、吐き気や頭痛にとどまらず、死に至る場合も…。
事前に注意事項をしっかりと確認してから服用すること。始めは少量から服用を始めることをお勧めします。

まとめ
手軽に安価で購入できるネット通販ですが、リスクが大きいのも事実です。
・大手サイトから購入
・本物のパッケージや薬の確認
・注意事項はしっかり読む
・始めは少量から服用する
これらのことを守り、できる限りリスク回避をして薄毛治療に取り組みましょう。