AGA治療薬の副作用?抜け毛が増えたら

手のひらに抜け毛
髪が増えると希望を持って始めたAGA治療で、期待に反して抜け毛が増えたら驚きますよね。不安になるのも仕方ありませんが、抜け毛の増加は薬が効いている証拠。

AGA治療を始めて抜け毛が増加する現象は初期脱毛といって、多くの男性に起こるものです。
初期脱毛の原因と期間について知り、初期脱毛を乗り越えましょう!

治療を始めたのに抜け毛が悪化するのはなぜ?
髪の毛は、成長期・退行期・休止期という3つの期間を繰り返しています。
AGAの人の場合、成長期が極端に短くなり抜けるペースが速まって結果的に髪のボリュームが減ってしまうのです。

AGA治療薬は、乱れてしまったヘアサイクルを正常に戻す働きをします。
後退期や休止期にいる髪の毛を成長期へと進ませ、新しい髪の毛が育つのです。
新しく太く強い髪の毛が生えると同時に、古く弱った毛が押し出される現象が初期脱毛。

いずれ抜ける予定だった髪の毛が同時に抜けてしまっただけです。あまり気にしすぎないようにしましょう。

初期脱毛はいつ治まる?

初期脱毛は、治療を始めてから平均的に1〜2ヶ月続きます。早い人は10日程度で治まりますが、中には3ヶ月ほど続く人も…。初期脱毛の期間は人それぞれです。

抜け毛が増えるとメンタル的にツラい思いをするかもしれませんが、必ず治るので諦めずに服用を続けましょう。
服用を止めてしまえば、薬の効果が得られずに毛が抜けただけで終わってしまいます。一般的にAGA治療薬は半年程度で効果が見られるので、諦めずに続けていきましょう。

初期脱毛の最中は苦しいですが、落ち込みすぎないように。「薬が効いている証拠だ」「これから強い毛が生えてくるためだ」とポジティブに考えることが大切です。